ティーブレイク:水戸周辺と育児と仕事

メニュー

サイト情報



メモ

写メールBBS


どきどきにて。
写メールBBSへ

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


Lost Password?

Register now!



引用:
Mac OS Xには最初からApacheやPHPやMySQLが入ってますが、設定を変えたい時やバージョンを上げたくなるだろうから入れ直したいですよね。

LinuxやFreeBSDなら、最小構成でOSをインストールして、追加でそれぞれソースからインストールしますが、Macでそれやるのもなんだか面倒くさそうです。


2006/5/29訂正
上記のように書いていましたが嘘発言でした。ごめんなさい。
勝手に入ってると勘違いしてました。全然入ってないみたいです。適当なこと書いてすいません。


調べていたらMAMP - by webEditionというのがあることが分かりました。

見てみると「WidgetsでPHP4とPHP5を簡単に切り替えられる」とのこと。

引用:
MAMPは他のMacアプリケーションと同じくとても簡単にインストールでき、あなたの Mac OS X 上に既にインストールされている Apache に全く影響を与えません。


ふむふむ。

引用:
さらに MAMP が必要でなくなった時は、MAMP フォルダを削除するだけでアンインストールできます。MAMPはシステムを変更しないので、それだけで元の環境に戻せるのです。


いいですねー。

ということで、MAMPを入れてXOOPSまで入れてみました。
途中XOOPSとPHP5の問題、XOOPSとMySQL4.1の問題で調べたことを中心にここにメモしておきます。

なお、MAMPのページには
引用:
MAMP はMacintosh上でのPHP開発環境として作られており、インターネットに実際に公開するWebサーバとして使用するべきではありません。

という注意書きがありますので、各自判断してください。

また、一応XOOPSは最新をさらからインストールできましたが、運用したわけじゃないのでこれから問題がでるかは分かりません。あくまで自己責任でお願いします。

Printer Friendly Page
Send this Story to a Friend

Top of contents Next
まずMAMPを入れてみる


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド